都知事が政治資金で私的飲食

東京都の舛添知事は13日に記者会見をして自身が代表を務めていた政治自治体の
政治資金収支報告書に家族との宿泊費などの飲食費合計45万5000円を計上していた。
「深く反省し、二度とこのようなことがないようにしたい」と謝罪しました。
近日報告書を訂正して返金する。

そして「全力を挙げて信頼を回復し、都民の為に今まで以上に働く」として
知事の職務を続ける考えを強調していました。
知事に就任する前に代表を務めていた「グローバルネットワーク研究会」の収支報告書によると
2013年1月に千葉県のホテルに「会議費用」として37万円ほどを支出しています。
知事は事務所関係者らと都知事選挙への対応などの会議をしたとして、
「家族と宿泊していた部屋を利用した。政治活動だが懸念を招いた」とし、
報告書を訂正すると述べました。
さらに同研修会や別の政治自治体の収支報告書に記されている、
都内の自宅や神奈川県の別荘近くの飲食店3店での合計5件8万4405円分の支出に
「私的な飲食費が含まれていた」とも説明しています。
イタリア料理店や回転すし店での2件は政治活動と確認できず、
天ぷら店での3件は個人の飲食費を誤って計上したと言っています。
知事は「会計責任者に任せ、詳細を把握していなかった」と釈明しています。
政治資金に関する問題は今秋発売の週刊文春が報道しています。
週刊文春は他にも5件の飲食や美術品などの支出についても指摘しましたが、
知事は5件の飲食費は政治活動で利用し、美術品なども含めて法的に問題ないとしています。
知事は「疑惑を持たれ、政治家として恥ずかしい」とする一方で、
この日の会見で「説明責任は果たした」と述べています。
ただ、疑惑とされた以外の政治資金については「精査をしてみないと分らない」と話しています。

注文住宅いくらかかった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です