男女の怒りの表れ方

喧嘩をしてしまったあと、なかなか関係を修復できないケースは多々あります。
それはお互いにどうしても譲れないと言う部分があるからでしょう。

でも、本当は早く仲直りをしたいと思うはず。
意地を張り続けて相手を距離をあけていると、気持ちが本当に離れてしまい、さようならということもありますからね。

男性と女性のそれぞれによくありがちな、維持の張り方について解説します。

まず男性にありがちなケースですが、男子は素直にア溜まることが出来ない生き物です。
たとえ自分が間違っていたとしても怒りのスイッチが入るとついつい意地を張ってしまうことがあるのです。
女性からすると、なぜそこまで意固地になるのか分らず、不思議に思うかもしれません。

男性はプライドが高いため、誤ることは自分の負けを認めることだと考えてしまうのです。
誤らないでいればいつまでも自分が優位に立っているかのように錯覚することができます。
しかし、ふたりの関係を維持していくことの方がブライドを守ることよりも重要なはずです。
意地を張っても結果的に損をしてしまうだと心得ましょう。

じょせいが嫌な思いをしたと言うことが事実であれば、男性は素直に謝るべきです。
そしてそのとき言いわけをしないこと。女性は言いわけが嫌いですから。

そして女性は謝る時は素直に謝ることができます。
しかし、過去に合った嫌な出来事ははっきり覚えているため「相手が絶対に間違っている」と感じたら、なかなか相手を許せないことが多いですね。
女性は、喧嘩がこじれないように、過去のことを水に流せるよう努力するべきでしょう。
たとえ目の前の問題とは別の問題を思い出しても、それを蒸し返すのはだめ。
男性から理不尽に思われてしまいます。

しみわたる水素水を楽天 美容

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です