人間関係が面倒なしがらみに?

男性は上下関係を意識し、女性は横のつながりを重視しているという傾向があると前にお話しましたが、そこで説明したとおり男性の上下関係はときに強いモチベーションを生み、女性の横のつながりは強い団結力を生むのですが、場合によってはこれらが強いしがらみになってしまうこともあります。

例えば大事な話し合いの時、男性は上限関係を気にしすぎて、発言をためらってしまうことがあります。

自分が下の場合は先輩の意見には反対できない、というふうに、そして自分が上の立場の場合でもうかつなことを言うとリーダーとしての立場が、と言うような具合です。

もしかすると、その時のみ込んでしまった言葉を実際に提案していたらいい結果になっているのかもしれないのです。
馬の区牛を維持するのも良いですがときには勇気を出してもいいのではないでしょうか。

さて次に女性の場合ですが、場の空気を維持する、という考え方で言えば、男性よりも女性の方が顕著な側面もあります。
女性は団結や集団の和を非常に大切にするあまり、一度まとまりかけている状況で反論する空気を許さないこともあります。
ここで変なことを言ったら空気が読めないと思われると考えると、たとえその場にいる全員が損をするような提案でも、そのまま通してしまいかねません。

協調性を何より重んじる女性同士の集まりでは、一度和を乱す人だと思われてしまうと、取り返しがつかないのではないかという心配をすることもあるでしょう。
こればかりはなかなか難しいかもしれませんが、対策がないこともありません。
最初に一つ提案が上がった時、すぐさま別の案も提案すること、でしょうか。
これだと流れが確定してしまう前にとにかくアイデアを出すことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です