評価への欲求

人には他者から評価されたいという欲求がありますが、この欲求を満たすための基本となる手段は他者との会話です。
しかし、男性と女性では誰から認めて欲しいのかが異なります。

男性は広く尊敬を集めたいため、他人からの評価を求めます。
女性は身近な安心や安全を重視しているため、身内からの共感や情報交換を求めています。

また、女性は会話によって共感を得たり、情報を交換したりするだけでなく、
脳にかかるストレスを軽減しています。
その効果はとくに親しい相手や身内などと会話することで発散されます。
そのため、女性は自分の知っている相手と会話する時、饒舌になるケースが多いようです。
男性の方はというと、身内との会話よりも、公の場での会話の方が饒舌になりがちです。
それは、自分以外の誰かに自分の力を認めてほしい、評価されたいという欲求と密接にリンクしているからです。

つまり、男性は他人との、女性は身内との会話を好む傾向にあると言うことです。
これは男性は外へ狩猟に行き、女性は集落を守っていたという人間の本能的な部分が現れているのでしょう。

ところで、女性ばかりがおしゃべりだと思われていますが、男性も場合によっては非常に饒舌になることがあります。
男性の尊敬されたいと言う欲求は大勢を前にして喋る席で、一気に加速します。
人前で演説をぶつのは、男性にとって大きな快感を伴う行為だからです。
学校の先生や会社社長などで話が長くなってしまいがちな人は大勢の前でしゃべることで尊敬への欲求を満たしているのです。

癌に効く食べ物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です